2018年1月21日日曜日

「雪を楽しもう!Enjoy the World of Snow!」を行いました

1月20日(土)、札幌芸術の森野外美術館で、「雪を楽しもう!」を行いました。8か国から11名の方が参加してくれました。
We held "Enjoy the World of Snow!" on January 20 (Sat.) at Sapporo Sculpture Garden. 11 participants from eight countries joined.

スタッフの方にかんじきの履き方を教えてもらいました。独特の履き方をみんなすぐにマスター!
A park staff gave us a lecture on how to put the kanjiki (Japanese style snowshoes). Despite the uniqueness of the way to wear kanjiki, our guests mastered it very quickly!

 
 

さぁ出発。
Then we started walking.

 
「隠された庭への扉」からスタート。雪で覆われた作品の上を進みます。
Started with "Way to the Hidden Garden". We walked on these pieces of works which are covered by snow.
 

 
 
積雪量がまだ少なくて歩きやすい道が続きました。
The park hasn't had much snow yet, making the paths easy to walk all the way.
 
ほとんどの作品はこの「夏引き」のように雪に埋もれずに私たちを出迎えてくれました。
Just like this work "Natsuhiki", most of the sculptures were waiting for us without being buried in snow.
 
 
青空が出たところで、写真を撮ったり坂を走り降りたり、なんと雪の上を転がったり!楽しい思い出を作られたのではないでしょうか。
When the sun came from the cloud, we spent time taking pictures, running down and rolling down the hill! We sure made an epic memory.


2018年1月20日土曜日

本日芸術の森野外美術館での「雪を楽しもう」イベントを行います。彫刻と景色と雪と青空のコラボレーションを楽しみましょう。
Today’s “Enjoy the World of Snow!” event in Sapporo Art Park Sculpture Garden is carried out. We will enjoy the collaboration of the sculptures, landscape, snow and blue sky.

2017年12月26日火曜日

「雪を楽しもう!Enjoy the World of Snow!」第一弾

芸術の森野外美術館で市民ボランティアと一緒に雪を楽しみませんか。輪かんじきを履いて雪の上を歩きながら、彫刻作品と冬の景色を楽しみましょう。
Enjoy a winter walking tour for non-Japanese people with citizen volunteers in the Sapporo Art Park Sculpture Garden. Snowshoe while appreciating the sculptures and winter scenery.
日時:2018年1月20日(土)10:15〜12:00(荒天中止)
会場:芸術の森野外美術館
*10:15に公園内のバス停「芸術の森センター」集合。
地下鉄南北線真駒内駅[N16]の2番バス乗り場から10:00に出発する中央バス滝野線[真106]に乗ってきてください。
自家用車での来場も可能です。
費用:無料(公園までの交通費や駐車料金は自己負担)
*暖かい服装で来てください。長靴(または丈の長いスノーブーツ)を履いてきてください。数に限りがありますが、長靴は公園で借りることも出来ます。
定員:20名程度(外国人限定、先着順)
申込先:sjcunit@gmail.com(氏名、性別、国籍を教えてください。)
Date: Jan. 20 (Sat.), 2018
Time: 10:15a.m.〜12:00p.m.
Meeting time: 10:15
Meeting Place: The bus stop in the park labeled “Geijutsu no Mori Center”
*Please take the bus which departs at 10:00 from #2 bus stop at Makomanai station [N16], subway Numboku line.
*Coming by a car is also OK.
Fee:  Free  (Bus fare and parking fee will be your own expense.)
*It will be canceled in the event of bad weather.
*Come in clothes which keep you warm and boots which are long enough to avoid snow coming into them.
*You can borrow rubber boots at the Park but those are limited.
Capacity:  First 20 applicants
Apply to:  sjcunit@gmail.com (Please inform us of your name, gender and nationality.)

「雪を楽しもう!」第二弾は2月17日(土)滝野すずらん丘陵公園を予定しています。
The second snow activity will be on Feb. 17th (Sat.) in the Takino Suzuran Hillside National Park.



2017年12月10日日曜日

留学生交流会「もちつき大会」に参加しました

12月9日(土)札幌大学で行われた留学生交流会「もちつき大会」に今年度も参加してきました。

私たちは日本文化紹介コーナーを担当しました。
かるたや福笑い、ヨーヨー、コマ、けん玉といった日本の遊びを紹介するコーナーと

茶道体験をしてもらうコーナーの2つをご用意。
茶道体験では、亭主役と客役を交互に体験してもらい、実際にお抹茶を点ててもらいました。今回の干菓子は「雪」とクリスマスらしい「鈴」でした。


そして最後は、皆さんがついて丸めたお餅を頂きました。これがこの活動の恒例のお楽しみです。お土産もたくさん頂きました。

2017年11月26日日曜日

白い恋人パークフィールドワークを行いました

11月13日(月)、25日(土)に白い恋人パークでフィールドワークを行いました。
他のユニットでもご活躍の会員さんもご一緒され、13日は7名、25日は8名が参加しました。

地下鉄東西線宮の沢駅に集合し、白い恋人パークHPに掲載されている道順で案内看板に従って現地へ向かいました。
いたるところに案内があって分かりやすく、迷うことはありません。


ちえりあ内も案内表示は続きます
スタートしてすぐにわかるのが、白い恋人パークは外国人観光客に人気のスポットということ。地下鉄構内からすでに日本語ではない言語が聞こえてきます。

白い恋人パークでは、施設スタッフの方に館内をご案内していただきました。

18世紀頃までは、チョコレートは飲み物として貴族の間で親しまれていたそうです。
館内には当時の貴重なカップ(すべてアンティーク)が展示されています。
 

ところでこのソーサー、特徴的だと思いませんか。
受け皿がカップの熱を逃がさないようになっています。
当時は、貴族がお茶会など外で過ごす際に身体を温めながら使用されていたそうです。

カップにとどまらず、会長さんのこだわりで館内はアンティークでいっぱい!


床や階段に使われているタイルまでアンティークが使われています。
かけてしまったりすると、イギリスから取り寄せるのだそうですよ。

19世紀のイギリスのチョコレート工場の様子が再現されている「チョコ・タイムトンネル」を通って…
タイムトンネルで流れる映像。説明は日本語で流れ、多言語テロップが出ます。

「白い恋人」の製造工程を見学。
この写真はホワイトチョコレートをクッキーでサンドする工程です。
ちなみにこの機械、年に2回メンテナンスのために製造ラインを止めて3~4日かけて点検するそうです。

見学コースに表示されている説明は、外国人観光客のために多言語で掲示されてました。

 

見学コース途中で見られる「品質管理部検査室」にはツアーで訪れた来館者の国旗が展示されていました。

72万人(2016年)の来館者のうち46%が外国から来たお客様だそうです。
アジアからのお客様がメインで、来館者数の多い順だと中国、台湾、香港、タイから来館されているそうです。

礼拝室があるのも外国人観光客の多い施設ならでは。
男女分かれていて、部屋の中には手足を洗う設備や天井に方角の表示が設置されていました。
北海道に観光にやってくる外国人は年を追うごとに増加しています。
今後は札幌でも礼拝室を備えた施設が多くなりそうですね。

 
 

館内を一通りご案内していただいたところでからくり時計が動き出しました。
10分くらいの演奏にあわせ、愉快な仲間たちが歌やダンスを繰り広げ、最後にはしゃぼん玉まで!



来館客を楽しませる工夫がいっぱいの魅力あふれた施設。
3月下旬までイルミネーションも楽しめるようです!

2017年10月22日日曜日

「紅葉を見に行こう~観楓会~」を行いました

10月21日(土)、札幌芸術の森野外美術館で、「紅葉を見に行こう~観楓会~」を行いました。4か国・地域からの9名の方が参加してくれました。
We held "Join Us to See Autumn Leaves -Kanpukai-" on October 21 (Sat.) at Sapporo Sculpture Garden.  Nine participants from 4 countries and regions joined.

この日は、気温も穏やかで快晴。紅葉も見頃を迎えていました。
It was mild and clear up that day.  It was the best time to see autumn leaves there.



昨年も「観楓会」を札幌芸術の森野外美術館で行いましたが、今回は昨年とは別のコースを歩きました。イスラエルの彫刻家ダニ・カラヴァンの作品「隠された庭への扉」から開始しました。「隠された庭への扉」のメイン・テーマは、自然と人間の対話です。門や日時計、噴水など7つの造形物を通り抜け、「隠された庭」にたどり着く間に、私たちは、太陽の光や風、水、雪、森の音など自然のさまざまなメッセージを感じることができます。
Although we held Kanpukai  at Sapporo Sculpture Garden last year, we walked through other course. We started from “Way to the Hidden Garden” by Israeli sculptor, Dani Karavan.The main theme of this area is the dialogue between human and nature. By passing through the seven elements represented in pieces such as gates, a sundial and fountains to the hidden garden, one can feel nature’s messages from sunlight, wind, water, snow and the sound of the forest.

Gate
Sundial Place
「椅子になって休もう」という作品では、参加者が椅子になって記念撮影しました。
We joined "You're My Chair, I'm Yours 1990 and took pictures! This was fun!



昨年は紅葉していなかったヴィーゲラン広場の「母と子」像や「夏引」の彫刻がある場所も綺麗に紅葉していました。
It was the best time to see autumn leaves at Vigeland Square and "Natuhiki"

Mother and Child by Vigeland
Natuhiki, looks cow?
佐藤忠良の作品が集まっている「忠良スロープ」は、彫刻が紅葉に溶け込んでおり、とても素敵でした。
"The Churyo's Slope", where are five works of Churyo Sato, a Japan's leading sculptor.  Churyo requested all of his works to be displyaed in the area along the river.  Scuptures were matched with autumn leaves beatutifully.

Woman Stretching Out Legs by Churyo Sato

Face 1966 by Churyo Sato

Statue of Winter by Churyo Sato

 また、この日は「わん・わん・良い日」という特別な日で、野外美術館に愛犬を連れて入場することができます。たくさんの可愛い犬たちとも出会いました。
On that day, it was a special day called "Dogs Day", which people could bring their dogs with them to Sculpture Garden.  We met cute dogs, too!

あっと言う間の1時間半でした。綺麗な紅葉と彫刻を楽しむことができました。
Time passed quickly. We enjoyed autumn leave and scuptures.